2010年09月02日

沖縄でみられる熱帯魚とサンゴ

熱帯魚とは、本来は南米や東南アジア、アフリカなど熱帯地域の淡水域に生息する美麗な魚類や奇特な魚類を飼育する趣味、およびその対象となる魚類を指す言葉であった。沖縄 ダイビングではたくさんのカラフルな熱帯魚を見ることが出来ます。世界最大のサンゴ礁グレート・バリア・リーフは、海域に暖流が流れ込むことと、接する陸地が砂漠気候ということが、大規模なサンゴ礁の発達に関係したといえる。ハクジラとヒゲクジラの特徴と各部位身体的特徴 前肢は魚類 魚の対鰭 胸びれのような形に変化している。地球で最大の生物圏を構成する深海の環境と、そこに広がる生物多様性を理解する上で、深海魚研究の果たす役割は大きい。彼ら自身は(深海魚を含む)さらに大型の深海生物によって捕食され、深海での食物連鎖を形成する。ハクジラの中でも比較的小型(成体の体長が4m前後以下)の種類をイルカと呼ぶことが多いが、この区別は分類上においては明確なものではない。また、クジラ(鯨)あるいは鯨類(げいるい)はクジラ目に属する動物の総称である。クジラ類は全て水生であって主に海に棲息するが、あるもの(カワイルカ類など)は川や汽水域に棲息する。サンゴ礁(-しょう・珊瑚礁・さんご礁・w:Coral reef Coral reef)は、造礁サンゴの群落によって作られた地形の一つ。
posted by ごん at 11:38| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。